前へ
次へ

医療機関で取り入れられる鍼灸治療

鍼灸治療には、それぞれ『師』が携わっており、医療機関あるいは整体院などで活躍する柔道整復師とチームで患者の悩みに応えています。それぞれ、国家資格が必要となり、養成施設で知識と技術を取得するわけで、中には、あん摩マッサージ指圧師の免許まで取得して総合的な治療にあたる『師』も少なくありません。鍼灸治療は、公的医療保険適用として療養費が認められている分、多くの患者が痛みを和らげることができています。もちろん、病院のみならず、鍼灸院などの保険医療機関以外で医療行為を受けた場合にも受けることが可能、そのために、保険医療機関内での点数化された療養給付請求ができない懸念もあり、実費で診療にあたりますから運営もカギを握ります。患者も自費なのか保険適用なのか、丁寧に対応してくれる『師』がいる医療機関に相談しましょう。療養費となるためには、条件にあたる病気の治療でなければなりません。例えば、神経痛やリウマチ、五十肩や腰痛症などです。何より、副作用が殆ど報告されていない、負担がかからない治療法として多くの大学病院でも取り入れられています。

Page Top