前へ
次へ

基本的に鍼灸治療は自由診療にあたる

日本は医療機関にかかるにしても保険の手厚い制度がなされているので、健康保険証を提示することで、疾患治療の医療治療は自己負担額が大幅に少なくなります。通常の疾患であれば安く医療機関で治療をしてもらえることに、慣れきってしまっていますが、海外でここまで手厚い制度を導入する国はありません。ですがいくら医療費が保険証の提示で安く受けられるといっても、中には自由診療であるために全額自己負担の医療もあります。鍼灸治療に関しても基本的には、保険証を持参しても自由診療ですから、費用負担は全て自分です。健康保険証を持って行っても、保険適用になることはありません。ただし交通事故などに遭遇をして、保険会社よりの許可があるなど特別な場合は、鍼灸治療を受けるにあたり契約をしている保険会社に確認をすることです。自由診療にはなりますが鍼灸治療は西洋医学とは異なり、医薬品を投与したりしない副作用も無い方法ですし、根本からの改善を目指すことのできる手段です。

Page Top